Dog-Supplies Plus

ドッグフードを選ぶなら評判が高いものがオススメ【選び方を知ろう】

皮膚疾患の治療と予防

動物病院の利用について

獣医と動物

大切な家族の一員であるペットだからこそ、健康管理に気を配っている人が多く見られます。
ペットフードの内容にこだわったり動物病院で定期検診を受けたりするペットも少なくありません。
人間と同じようにペットも食生活や運動習慣の乱れによって病気や体調不良を起こしてしまいます。
ペットが健康に過ごせるように普段から健康管理を心がけましょう。
さまざまな病気がある中で、被毛が長い犬や猫に起こりやすいのが皮膚病です。
皮膚病の原因は、ノミやダニであるケースがほとんどです。
ノミやダニを駆除する薬品を注射したり首輪と一緒に身につけることで、かゆみの原因を排除することができます。
また、シャンプーが合わないことによる皮膚疾患やアレルギー体質による炎症に悩む犬や猫も増えているのが特徴です。
皮膚病の治療には、動物病院を受診する必要があります。
動物病院の中には、皮膚病に特化した治療が受けられるところもあるため、必要に応じて利用しましょう。
投薬治療や薬の塗布によって炎症が治まるのが一般的ですが、原因や炎症の度合いによっては入院が必要になるケースもあります。
普段から定期検診を受けることで、皮膚病はもちろんさまざまな病気の初期症状に気がつくことができます。
できるだけ症状を悪化させずに早期発見と治療が進められるように、かかりつけの動物病院を見つけておくと安心です。
動物病院によっては、診療動物や診療科目が限られている場合があるため、事前に調べておきましょう。

供養の仕方

花

ペットを飼っている家庭のほとんどでが、ペットを家族の一員として愛情を注いで暮らしてきたのではないでしょうか。
しかし、どれだけ心を込めてお世話をしても、残念ながらお別れの日はやってきます。
かつては、ペットが亡くなった場合、自宅の庭に埋めるか自治体に引き取ってもらうのが一般的でした。
ペットの遺体は一般廃棄物として扱われるため、飼い主が所有する庭に埋めることは法的に問題はありません。
しかし、他の動物に掘り返されたり、腐敗臭がしたりしないように、かなり深く穴を掘る必要があります。
また、大型犬などの場合は埋めることが難しい場合もあります。
マンションやアパート暮らしで庭がないケースもあります。
そういったときは、自治体に引き取りを依頼することも可能です。
一部地域では、民間のペット霊園と提携していたり、ペット専用の火葬炉で火葬して返骨してくれるとこもあります。
しかし、ほとんどの場合は、一般廃棄物として有料ゴミ扱いで焼却されて、お骨や灰を返されることはありません。
慈しみ大切にしてきたペットですから、亡くなった後きちんと供養したいと考える人は多く、そういった方にペット供養の業者が選ばれています。
ペット供養の方法には、多くの業者で、合同火葬・個別火葬があります。
合同火葬は、他のペットの遺体とともに合同で火葬を行い、火葬後はペット霊園などに埋葬します。
合同での火葬のため、返骨はされません。
個別火葬の場合は、引き取った後、専用炉で火葬を行い、お骨は返骨か埋葬かを選べることが多いです。
また、お骨上げは、スタッフに任せる場合と、家族が立ち会って行える場合とがあります。
遺骨を引き取った場合、その後のペット供養の方法は人によってさまざまです。
庭に埋めたり、ペット用の仏壇を購入して、手元に置いてペット供養することもあります。
一定期間を手元に置いて、ペット霊園などに埋葬することもあります。

しつけを行いたい

女性と犬

犬を飼うのなら、できるだけ多くの時間を一緒にいられるように子犬から飼いたいものでしょう。
しかし、犬を飼うのなら生後2ヶ月後からとされており、生後3ヶ月未満の間にトイレや噛み癖、吠え癖の改善等、様々なしつけを行うことが望ましいとされています。
 その生後3ヶ月未満の犬のしつけの方法ですが、まずはトイレトレーニングから完璧に始めた方が良いでしょう。
というのも、トイレトレーニングを行うことで家の中等を汚さないだけでなく、犬そのものを便で汚さなくて済みます。
また、外出先でもトイレがうまくいけば、旅行だって一緒に行けるようにもなります。
そのため、犬のしつけを行う際にはまずトイレトレーニングから始めた方が良いでしょう。
 具体的なしつけ方としてはうまくいったら褒めて、ご褒美のおやつをあげると良いでしょう。
この褒めて伸ばすというやり方は犬のしつけの基本であると覚えておくと良いでしょう。
また、失敗しても厳しく咎めるのではなく、失敗した場所へ連れていって言葉で説明すると良いでしょう。
実は犬は、人間の言葉を覚えるのが早く、毎日話しかければ、概ね、話の内容を理解することができます。
そのため、犬のしつけの第一歩として、毎日、話しかけることも大切と言えるでしょう。
 犬のしつけと聞くと、やや矯正的なイメージを持つことが多いと思いますが、叱ったりするのは、人や犬をかじって怪我をさせてしまったり、或いはペット自身が怪我をしてしまうような危険なことをしただけに限ると良いでしょう。